冠婚葬祭 服装について

失礼にあたらないようにする

冠婚葬祭はそれぞれに応じたふさわしい服装があります。
お通夜や告別式では一般的に黒いスーツに黒いネクタイで女性も黒の服で参列するのが一般的です。
お通夜であればダークスーツなどでも問題はありませんが、場所に合わないようなジャケットやパンツで参加しない事が重要です。
よくわからない場合はとにかく黒い正装を準備しておくと間違いはありません。
結婚式でも黒いスーツは正装として使うことが出来ます。
この場合は白いネクタイやポケットチーフを準備しておけば男性は間違いありません。
女性は花嫁と被るような白い服は避けなければいけません。
黒い礼服を着る場合でも喪服を連想させる服装は避けないといけません。
ストッキングを黒から肌色に変えるなどの着こなしが重要になってきます。
平服できても良いということになっていても、あまりカジュアルすぎる服装はNGになります。
最低でもジャケットにパンツスタイルで場に馴染む服であることが大事になってきます。

Copyright(c) 冠婚葬祭 服装 All Rights Reserved.