冠婚葬祭 服装について

女性側にあわせた装いが必要

冠婚葬祭に相応しい服装として、困惑しがちなのが結納の席でもあり、結婚前の儀式の1つであると同時に、両家の縁に願いを託す意味合いでも執り行われるため、婚礼に相応しい格式ある服装が求められます。
冠婚葬祭において、最も重要なのがバランスで、場所はもちろんながら、片方だけが正装であるケースや仲人のみが正装であるなど、失礼にあたらないためにも事前に仲人を通じて打ち合わせを行い、和装・洋装を確認しておきます。
また、結納の席では女性の服装の格に合わせることがマナーとなり、女性が正礼装となる振袖を着用する場合には男性も正礼装であわせます。
近年では、略礼服で儀式を行うケースが増えており、男性はブラックスーツに慶事用のネクタイと白のワイシャツとなり、女性はフォーマルワンピースまたはスーツが主流となっています。
また、和装の略礼服として女性が着用したいのが、付下げに色無地、小紋の中でも上品で華やかなものなどを挙げることができ、品が下がらない装いが必要です。

Copyright(c) 冠婚葬祭 服装 All Rights Reserved.