結婚について

結婚式に相応しい服装

冠婚葬祭では服装に気を配るシーンが多く、特に祝いの席となる結婚式に相応しい装いはゲストによって違いが生じますし、挙式や披露宴などのテイストによっても和装と洋装の違いが挙げられます。
例えば、新郎・新婦の兄弟姉妹および、親族の方々の服装としては、祖父母に関しては両親と同等であることが品格を下げないポイントですが、それに準じる服装でも問題はなく、格を意識します。
例えば、和装での結婚式であるならば、男性は五つ紋付羽織袴で、女性は黒留袖や色留袖が適しています。
また、新郎・新婦の兄弟姉妹に関しては両親よりも格下になる装いがポイントで、振袖や中振袖となります。
さらに困惑しがちなのが、甥・姪などの衣装です。
一般的にフラワーガール・ボーイとしての役割や、ウェディングベールを持って入場するケースがあるため、依頼された際には男の子はサックコート、女の子はレース素材などのワンピースやアンサンブルなど、引き立て役となる装いが必要です。

Copyright(c) 結婚 All Rights Reserved.